天狗知識

日本映画における天狗

Tweetみなさんこんにちは。緩やかな更新をしております。 最近天狗らしい記事を投稿できていませんでした。ネタがうまく 見つからなかったのです。 でも見つけました。いつものようにネットをウロウロしてて これは面白い! と思っていくつか拾ったのが「昔の日本映画」 の記述です。日本映画のデータベースを「天狗」のくくりで検索したのです。 すると予想通り「鞍馬天狗」がたくさんひっかかりました。しかし それ以外にもちょこちょこあるんです。なんたら天狗ってのが。 それだけでもおもしろかったんですけど、データなだけに タイトルが英語で並記されてるものがいくつかあったのです。 これが結構おもしろかったので、ここに7つ程紹介します。 恋天狗 Goblin Warrior (てんぐ戦士) お坊主天狗 Tengu Priest (天狗聖職者) 剣豪天狗まつり Swordsmen’s Festival (剣術師の祭り) 小天狗霧太郎 Little Goblin Kiritaro (小天狗霧太郎) 長七郎旅日記 はやぶさ天狗 Peregrine Goblin (はやぶさ天狗) 天狗街道 Goblin’s Highway (天狗高速道路) ふり袖小天狗 Devil in A Kimono (着物を着た天狗) それぞれ見て頂いてくすっときてもらえるとうれしいです。 天狗は「ゴブリン」「デビル」「ロングノーズゴブリン」等と英訳される傾向にあります。 そこを踏まえてみても結構たのしい。直接「TENGU」とされる場合もありますが ゴブリンの方が海外な感じがして好きです。 日本映画において天狗という存在はなんだったんでしょうか。 ミステリアス、人知を超えた力を持った存在、疾走感、などのイメージなんでしょうか。 なんにせよ、天狗という言葉が繰り返し使われる事によって、あるイメージがどんどん 固定化していったのではないでしょうか。今ぱっと頭に思い描かれる天狗のイメージも 映画などを通じてより強固なものになったのかも知れませんね。 今後はより新しい天狗というものが登場してもよいはず。それを作っていきたいと思います。 Tweet

SEAMOという存在

みなさんこんにちは。デザインフェスタの名残を今だ引きずっております。 そろそろ日々の仕事が雪崩のごとくやってくる気がしておりますが、そうでもないかも。

天狗の日常

本日こちらから勝手にフォローさせていただいていた方と 少々やり取りさせていただいて、天狗の日常について考えました。

「人魚洞文庫」データベース

以前より、ネットなり、雑誌なりで見かけていたイラストがありました。 日本中の民芸品を描いた物で、そのままの角度だけでなく、いろいろな 角度で記されており、データとして優秀な写生画になっています。

天狗とはなにか

Tweetwikiによると 天狗(てんぐ)とは、日本の民間信仰において伝承される神や妖怪ともいわれる伝説上の生き物。 だそうです。これらの詳細を掘っていくことは、かなり脳みそのいる民俗学方向にいってしまいそうなのでギブです。徐々に噛み締めて、ゆるく理解するようにしたいと思います。 そんな中、気になったのがもとものビジュアルが、例のあの赤くて鼻の長いあれではないという部分。「天の狗(てんのいぬ)」すなわち「天狗」とあるように、狗的なビジュアルだった模様。 このままのビジュアルだった場合、こんなに気になる存在ではなかったと思います。これはこれでかわいいけど。なんにせよ中国からやってきてるみたいです。輸入です。現在、中国で天狗がどんな扱いなのか、調べてみたい気もしてきました。 追記 「天の狗(てんのいぬ)」と書きましたが、「天の狗(アマツキツネ)」だそうです。しかもそれが指すものは「流星」! 現在の天狗とはかなりベクトルの違うもののようです。 Tweet