2011年11月12−13日 デザインフェスタ34が開催されました。
私、てんぐアートとしては2度目の参加ということで、前回の反省を含めたブース構成で
僕のポケモンこと藤田選手と出発したのです。


僕のポケモンこと藤田選手

前回の反省点としては、細々した物が多すぎたイメージがあったので、
持ち込むアイテムの構成を少しタイトにしました。
そもそも小さいブースを借りていることもあるので、選別する必要はあったのです。
それと持ち込む量。少なすぎると大問題ですが、多すぎると場所も取るし搬入も大変。
今回はまあまあうまくいったと思います。

ブース自体は前回矢倉っぽい感じにしましたが、諸事情でコンパクトになりました。
自分のイメージとしては全然ダメで、もっと雰囲気のある感じにしたかったです。
とはいえそれをするにはそれなりのハードルもあって、次回までにいいアイデアがあれば
取り入れたいと思います。反省。


天狗面を飾りに使用し、簡易ののぼりを立てました。見つけやすいかと思って。
メインの什器はアウトドア用のテーブルで、軽くてすごくよかったです。
ただ安定感は低いので、(軽いから)細かい展示はむずかしかった…。

さて、販売していたアイテムを紹介します。

ポストカードもろもろ
レトロ印刷さんで作ったものをメインに色々な
天狗イラストを用意しました。


天狗ワークスvol.1 vol.2
私の天狗活動をやんわりまとめた小冊子。
今回もなんとか間に合いました。次回は何色にしよう!(表紙)


天狗こけしステッカー
天狗とこけしの融合! というキャラクターを作りました。
ツイッターでカラーバリエーションをどうするか相談して
この2色(赤/紫)にしました。


天狗キャンドル
ごく最近トライしてみたキャンドル作り。天狗の顔をキャンドルにすることができました。
ただこれ、火をつけるとどんどん鼻が短くなり、最終的に顔面にボッコリ穴があきます…。
ロウソクだからしょうがない! 現在、そうならないタイプの物を思案中です。


天狗こけしストラップ
およそ50mmの小さい天狗こけしがストラップに! というか
ストラップを取ってしまえば置物になります。
どういう作り方が効率よいのか、など、立体物を作るコツがまだまだよくわかりません。
結構時間がかかってしまうのです。下手だから…。


缶バッチ/キーホルダーなど小物達
今回新しく作った物として、大きな缶バッチがあります。
76mmかな、それぐらいあるやつ。写真右下
存在感があってなかなかいい感じです。


大天狗マグネット/ドクロ天狗マグネット
てんぐアートの定番アイテム、マグネット。
今回も「輪ゴムかけ」としてか、いくつか旅立っていきました。

といった感じのラインナップでした。
興味を持って足を止めて頂けた方々、そしてなにより
買って頂けた方、ほんとうにありがとうございました。
それを元手にまた制作できます。

今回おこし頂けたお客様、一部掲載(さらしもの)

引き続き、駆け抜けるように見て来たブースを一部ご紹介


アボット奥谷さんブース
相変わらずのうまさ、かわいさ。
連れて帰りたくなる子達が多くてこまります。


chima groupさん
テンガロン/ボーロちゃんなど、とてもキュートなソフビたち。
今度こそ買いたい。この時はほんとにバタバタしててダメでした…。


オガワテツヒロさん ミュージシャン
チャリティーポストカード展で出会う。
超いやされるボイスを武器にお客さんをメロメロにしてしまうナイスガイ。
ブースにてずっと唄っておられた模様。


そふび道ブース
ソフビ職人さん達がまとまって出していたブース。
大金持ちになったらごっそりと購入したいアイテムだらけ。


デコボコさん長谷川洋介さん 合同ブース
デコボコのズルさん。携帯で撮り合うというバトルに発展。一触即発!
お札折り紙でおなじみの長谷川さん。またポスター買いそびれた…。
オノダさんと巨大魚肉さんの相性は抜群!


ちしまこうすけさん
猫モチーフの立体物を色々制作されておられている作家さん。
猫寝袋をゲットしました。いい…。


ベッコス
いつ会ってもワクワクします、ベッコス。
ほんと大好き。

天狗グッズを作っておりますが、まだまだ妄想するアイテムはあって
能力の問題、資金の問題で出来てないことも色々あります。
なんにせよ、作った物を見てもらって、その反応を直に感じられる
こういった展示はとても意味があるなあと思いました。

ちょこちょこ決まっている展示なんかもありますので
これからもがんばります。そして来てもらえるように「KUFU」工夫していきます。