2013年3/4(月)〜3/10(日)で開催しました「妖怪食堂〜春場所〜
無事終了しました。遅ればせながら、お越し下さった方々、参加メンバー
場所を提供して頂きました「酢飯屋」の皆さん、お世話になりました。
※写真の右側の巨大な骨は、ミンククジラのアゴの骨(本物)。

溜め込んだ仕事と確定申告が一息つきましたので、数回に分けて
リポートを掲載して行きます。

今回は、てんぐアートとしては初になります「天狗を作るワークショップ」で
産まれた作品を紹介したいと思います。

—————————————————————————————-
天狗を作るワークショップ
—————————————————————————————-

天狗の顔と鼻、プラスドールアイを組み合わせてペイントを施す
立体塗り絵的なワークショップ。

組むとこんな感じになります。
今回どれほどの時間がかかるのか怪しかったので、
かなりの部分はこちらで準備をし、基本的にはペイントに
集中して頂く形にしました。
頭に金具を付けて、最後にボールチェーンを付けて完成となります。
作業時間/15〜30分 参加費900円 お土産付き。
—————————————————————————————-

ひとつとして同じモノが出来ないということが、こんなに楽しいのかと思える
作品達になりました。結局自分が一番楽しんでしまったかもしれません。
ザックリとですが、写真をアップしますので、ご覧下さい。
※写真はクリックで拡大されます。
—————————————————————————————-


—————————————————————————————-

どうでしたか? バラエティーに富んでて楽しい感じでしょ?
やはりなんでもそうですが、やってみる事で色々わかります。
今回参加して頂いた方にはご迷惑とまではいいませんが、もたついた部分もあって
申し訳ないところもありました。より改善してまた違ったかたちで
参加型の何かをやれたらなあと思います。

まとめその1でいきなりやる事じゃないなあと思いましたが、何より
楽しかったのでつい…。

その2をアップしましたら、また見て下さいね〜。