Posts tagged "田中良平"

妖怪食堂・土曜日までですよ!

Tweetツイッター、フェイスブックなどでちょこちょこつぶやいておりますが、 妖怪の宴、「妖怪食堂」絶賛開催中です! てんぐアートの展示 江戸川橋にあります、酢飯屋さんにて 現時間帯ではランチを、その後カフェをオープンしております。 入場無料、妖怪グッズ多数有り。見て、買って、食べて楽しい妖怪食堂! 開催中、ランチは下記の2種類から選べます。 いくらたっぷり「百目丼」 鳥のモモ肉がこんなにもホロホロに煮込まれている、「八咫烏カレー」 どちらもうまいです! (百目丼はまだ頂いてなのであくまで推測ですが、間違いないでしょう!) 現在はカフェもやっておりますので、お菓子類も色々あります。 今回の妖怪食堂の為に開発されたと思われる、最高にかわいく、そしてうまいやつが登場! その名も「めだまふぃん」。実物を見て、食して頂きたい! 売り切れ必至! といった辺りでとりあえずの報告とさせて頂きます。 見所は色々ありますが、ぜひ実際にお越し頂くのがいいかな〜って思います。 他の方の展示などは、徐々にアップしょうと思います。 最終日、3/3は18:00〜妖怪居酒屋となりまして、大団円の予定です。 それまでお時間作ってお越し下さいね! 『妖怪食堂』概要 昨年開催された『妖怪食堂』は皆様のご来場のおかげで大盛況のうちに幕を閉じることができました。 その『妖怪食堂』が満を持して第二回目を開催いたします。 今回の日程は2/26(日)~3/3(土)の一週間で『雛祭』をテーマに開催します。 ご 好評をいただいた寿司の伝道師:岡田大介の手から生み出される新作妖怪料理を食し、妖怪アーティストによる作品発表/展示販売/本物の雛壇と妖怪作品との コラボレーション、さらに今回は妖怪作家によるワークショップ、2/26と3/3にはオリジナルの料理とお飲み物を用意して宴も行いますのでたくさんのご 来場をお待ちしております。 ●妖怪ランチ(11:30~13:30) →酢飯屋が昼は水道カフェと名前を変えて岡田大介(寿司の伝道師) による妖怪ランチを提供します。 ●妖怪カフェ(13:30~17:00) →今年から水道カフェが始めたカフェ営業も妖怪に侵食中。 お昼のひとときを妖怪とともにすごしてみてはいかがでしょうか。。。 ●妖怪アーティスト作品展示販売(11:30~22:00) →妖怪アーティストによる作品の展示販売を行います。 ここでしか手に入らない一品があるかもしれません。。。 ※作品よっては会期終了後のお渡しになる作品もございます。 Tweet

月末あたりで色々参加するですよ。

Tweet1月中頃から、それこそ現在に至るまで、細かい仕事が重なり続けて 延々と仕事しています。分散して欲しいと思ってもコレばっかりはしょうがなく、 やらねばならないことをする時間が全然とれていません。 少なくとも近々に展示物の必要なイベントがあるのです! ■「妖怪の世界を語る~大衆芸能と妖怪演芸館~」 大衆文化から生まれた妖怪を題材として、妖怪研究家の多田克己氏を招き、伝統的な大衆芸である落語、切り絵、大喜利などの演芸会を開きます。日本の妖怪文化に触れてみませんか。(HPから引用) このイベントのコーナーのひとつ、「妖怪大喜利」に参加します。 相変わらずの少ない知識量でどこまで混ざれるか! という感じですが 先輩方に完全におんぶにだっこで楽しい時間を過ごせればと思っています。 かなり妖怪色の強いイベントですので、妖怪に興味のある方は必見だと思います。 しかも、無料です! 開催日:2月24日(金) 開催時間:19:00〜21:00 会場:せんがわ劇場 ホール 仙川町1-21-5 連絡先:03-3300-0611 HP:「妖怪の世界を語る~大衆芸能と妖怪演芸館~」 料金:無料 定員:120人 ■「妖怪食堂」 早くも2回目の開催となりました、妖怪食堂。 妖怪作家による、展示、作品の販売、ワークショップ等のイベントの他、 開催期間中は妖怪をイメージした特別な料理が頂けます。 開催場所である「酢飯屋」さんは、とにかく柔軟な考え方をもっておられて 妖怪だろうがなんだろうが、噛み砕いて料理してしまいます。 ここでしか出せない特殊な空気を是非味わいに来て下さい。 今回は雛祭りをイメージした物が中心になります。 と、お誘いしつつも、現段階で色々な準備が全然できておりません てんぐアートです。猛烈にあせっております。なんとかします! ・主宰:「音の怪 絵の怪」 (詳細はこちらをごらんください) ・開催日:2/26(日)〜3/2(土) 妖怪ランチ(11時30分~13時30分) 毎日営業 妖怪カフェ(13時30分~17時00分) 毎日営業 妖怪居酒屋(18時00分~22時00分) 2/26(日)と 3/3(土)のみ営業 ・開催場所:「酢飯屋」@水道ギャラリー 〒112-0005 東京都文京区水道2-6-6 ・電話:090-2208-8421 ■ナイトピース第2回企画展 a little planet 企画内容 展示は三部構成で行われます。 【1】プラットホーム 【2】星巡り 【3】宙 宮沢賢治著「銀河鉄道の夜」の物語の様に綴られる七日間の幻想世界。 あなたの記憶に残り続ける展示になりますように。 開催期間 2012年3月27日(火) ~ 4月4日(月) 11:00 ~ 19:00 (最終日17:00まで) 高円寺ギャラリーR  http://gallery-r.cocolog-nifty.com/ (HPから引用) おそらくよく考えないと、かなり異質な参加者になってしまう そんな予感がしておりますが、スペーシーな天狗様を模索しようと思っています。 まったくどうなるか見えてませんが、追い込みますよ! ぜひ! 今回いきなり3つの展示、イベントの紹介となりました。 お時間ありそうでしたらぜひぜひお越し下さい。 行くまでは腰が重い物です! もう行っちゃえばいいと思いますよ! Tweet

天狗の新しいやつ! 額の穴はなんだ!

Tweet本日、関東圏にも雪が降りました。 てんぐアートの本拠地こと、SONARは古い建物であるが故に 足、指先がかじかむ程冷えます。寒さもまだ始まったばかりなのに この寒さは脅威! 靴下を2重にしてがんばっています。 さて、昨日の話し。ちょっと前から仕込んでいた新しい天狗グッズが 産声をあげました。「天狗フック」です。 これは額にねじ穴があることによって、色んな所に固定することができる フックになっているのです! 写真でご紹介したいと思います。 軽めの上着はかけられました。 500mlの炭酸水が! 耐えます! このグッズのポイントはフックとして使える ということなんですが、厳密にどの程度までの荷重に耐えられるのかということは 分からない! でも500gは余裕! 使ってもらえる方には注意書きをちゃんと お渡しする必要がありそうです。 ということで、今後アイテムとして販売すると思います。 気になった方はゲットしてくださいね。 そして寒い中、立ち寄って頂けた 「切り絵アーティスト/田中良平」さん! そして相方? のバルタンさん(ニット姿)。 おみやげまで頂きましてありがとうございました。 また来てね! ※デコボコ姉さん達も来てねw Tweet

妖怪たちのいるところ4 終了しました〜。

Tweet週末に開催された「妖怪たちのいるところ4」。 無事終了しました。 私は今回で2度目の参加ということで、緊張も少し緩和していました。 とはいえ、妖怪に詳しい方々の中に混ぜてもらうという状況は変わらない訳で なんとかゴマカして切り抜ける! という少々情けない気持ちでいました。 しかしながら、とにかく楽しまないことにははじまらなので、 勢いにまかせて大喜利等やったわけです。 楽しんでもらえたかな〜。 自分以外の方達の描く物、作るもののクオリティがすごくて もう少し丁寧に描かないとな〜って思っています。 が、難しいですね。緊張もしてるし。 間が空くのが怖いし。 物販ブース 天狗キャンドルは初出。 展示してる様を見ると、もっとあるはず、と思います。 大変でも見せ方をもっと考えねばなりません。 物販色々でした。個人的には↑ピンバッチが最高に好きです。 かわいい サンガッツトーク。妖怪ソフビのお話いろいろ。 妖怪検定のお話。単純にどんだけいるんだ妖怪! と思いました。 凄い数。そして検定を受ける人たちは、これらを暗記する必要もあると。 自分には全然無理ですが、名前のいい妖怪もたくさんいますね。 声に出して言いたくなる妖怪。「しっけんけん」とか。 プレゼントをかけたジャンケン大会。 かなりいいお土産をゲットされた方もおられました。 抽選会みたいな形でもいいかも〜。 終了後、終電までの時間でラーメンを食べに行きました。 鳥取をリスペクとしてるお店で、ぬらりひょんさんが 喜んでました。ラーメンうまかった〜。 自分の登場している大喜利大会等は、自分で出ているだけに写真等 ありませんが、記録用かな、動画を撮ってたようなので、 いずれ見せてもらいたいな〜。そして反省したいと思います。 まだまだ可能性を秘めたイベントだと思います。 自分ももう少し妖怪の勉強をして、盛り上げられるように していきたいと思います。 何より来て頂いた方々ありがとうございました。 お客さんあってこそ出来ることです。 もっとたくさんの方に来てもらえるようがんばります! Tweet

妖怪たちのいるところ4/きつねづか手作りアート市

Tweet今週土日は、両日イベント参加します! 詳細は下の方に書きますので、チェックしてください! □妖怪たちのいるところ4 10/15(土) 妖怪知識のある作家さんたちが、妖怪をネタに楽しい感じにするイベント。 話しで、絵で、音楽で妖怪を楽しめます。 □きつねづか手作りアート市 10/16(日) 板橋区のきつねづか商店街が、アートで埋まる! 多様な作家さん達が、オリジナルアイテムを販売します。 第1回目が雨で中止になり、2回目の今回は出展者のみなさん、気合いが入っています! という上記2点。 私「てんぐアート」も参加します。 妖怪大喜利に出たり、物販をしたり、落書きをしたり、色々。 準備が微妙ですが、勢いで乗り越えたい! 「妖怪たちのいるところ」は、場所が小さいので、事前予約をしてもらうように なっております。前回初参加したのですが、出演者もお客さんもとてもいい 雰囲気で、妖怪にちょっと興味がある方は楽しめると思います。 みんなサービス精神があって、おもしろいです。自分は地味に天狗天狗言って なんとか乗り越えようと思います。 きつねづかのアート市は、屋外で開催されます。 ここで出会った方々が、ほんとに良い人たちで、関わりたいと すごく思っています。今回、どういう感じになるかはまだ分かりませんが、 きっとアットホームで楽しいものになると思います。 正直物が売れようが売れまいが、ここに関してはいいかなと思える程です。 とはいえ、自分の天狗作品を楽しんでもらえると最高ですけどね。 でここから、持って行くものを紹介します。 この週末で初出しのものもあります。 天狗キャンドル なんだかんだあって、ロウソク作りました! いいです! すごく気に入っています! 鼻、燃えますw 記事の最後に、ロウソクの末路を載せます。 天狗びろ〜ん マグネット 今妖怪界でやたらと注目されている妖怪「びろ〜ん」 その妖怪と私の好きな天狗を無理矢理合成させたのが 天狗びろ〜ん なのです! 魔改造! びろ〜んに鼻と羽根をくっつけた形状になっています。 これは鼻チョウチンを膨らまし、寝てる状態です。 分かりにくいですね。 9個は持って行こうと思います。色を塗るか…は ちょっとわかりません! これは前回のイベント、妖怪食堂で新登場した 「ドクロ天狗」マグネットです。 迫力あって、個人的に気に入っています。 うちの定番商品、「大天狗マグネット」。 ほとんどわかりませんが、少し奇麗になっています。 色も色々持って行きます。 という物のほか、ポストカードなど持って行こうと思っています。 なんといっても、ロウソクはおすすめです。 飾ってよし、火をつけてよしです。 もっと色々可能性を感じていますので、新作も作りたいです。 「妖怪たちのいるところ4」 主宰ぬら〜り打田さんのブログ// 10/15(土)19:00~22:30(18:45開場予定) 場所 シミズオクトクリエイティブスタジオ(高田馬場駅下車五分) 東京都新宿区下落合1-4-1 B1F http://www.shimizu-group.co.jp/octo.php?id=9// ★入場料 1500円 飲食物の持ち込みは自由です。(ただし飲み物は缶やペットボトル、食べ物も周りの迷惑にならないような簡単なものにしましょう。泥酔した方は退場をお願いすることがあります。) ★定員45名 司会 ぬらりひょん打田 ゲスト サンガッツ 氷厘亭氷泉 しげおか秀満 田中良平(妖怪切絵師!!) 妖怪DJ高★梵、てんぐアート、その他出演交渉中!! 企画予定 ★妖怪検定(10/23)対策クイズ大会!! ★都内妖怪スポット紹介、妖怪考察!! ★サンガッツトーク(水木しげる怪奇ソフビ新作発表など!!) ★イラストレーターによるお絵描きコーナー!! ★妖怪漫画の世界を語る 企画中→★妖怪コスプレ大会 (できるかどうか…みなさんの協力が必要!!) 物販コーナー、プレゼントコーナーあり!! 予約はコチラのメールまで↓ yokaijin100@yahoo.co.jp お名前と人数を明記してお送りください。 「第2回きつねづか手作りアート市」 10/16(日)11時~16時 雨天中止 会場・主催 きつね塚商店会 場所:東京都北区滝野川 きつね塚商店街 主宰ブログ: http://ameblo.jp/rentalspace-artco// 【アクセス】 ・JR埼京線「板橋駅」東口…徒歩3分 ・都営三田線「新板橋駅」 A2出口…徒歩5分 手作り雑貨を中心にした青空アートマーケットです。前回第1回目は雨によって中止になってしまいました。 そのリベンジの意味も含めまして今から準備をしていこうと思っています! 1日限りのお祭りです。ぜひお越し下さい。 ロウソクは最終的にこんなことになります! こわいw Tweet

鳥取バーガーフェス 記録

Tweet 先々週開催されておりました「妖怪食堂」。その最終日、9/18(日)に東京タワーでは 「鳥取バーガーフェスタ」というイベントが開催されておりました。 そもそも鳥取バーガーフェスタってなに? ということですが、ご当地バーガーの祭典で 鳥取が県を上げて舵取りをしているイベント、ということになりましょうか。 イベント自体は鳥取で開催される物の、その宣伝もかねて5店舗が東京タワーに集まり 食べる事ができたのです。 そんなイベントだったのですが、ひょんなことから日本妖怪の総大将として名を馳せている、 「ぬらりひょん(打田)」さんからお誘い頂き一つのブースのお手伝いに行って来ました。 ブースを任されているのが妖怪ですからブース自体も妖怪寄りのものになりました。 鳥取と言えば、日本屈指の妖怪漫画家「水木しげる」御大の出身地。というつながりで、 ということだったんだと思います。 まあ何をしたっていって、天狗グッズをちょこっと置かせてもらい、無茶ぶりを受ける という苦行でございましたw。絡んで頂いた、出席率のよいお兄さん、 ありがとうございました。助かりました。 ブースでは妖怪系漫画家としておなじみ、「しげおか秀満」先生による 妖怪似顔絵が公表を博し、フラフラになるまで掻き続けておられました。 うまいし、早い。でも安過ぎw もっととりましょうw なんかすげえうまいし、かわいいし、すごいでおなじみのイラストレーター 「氷厘亭氷泉」さん。 この日の為に牛鬼ハンバーガー(立体作品)を持って来ておられました。 ピクルスまで! かわいい! 写真を撮り忘れておりますが、ソフビを操るお兄さん「サンガッツ」先輩も ご一緒させて頂きました。水木しげる関係のソフビを持って来てました。 食べるのに夢中で肝心のバーガーを撮影しておりませんが、結構おもしろ おいしくて、食べるアトラクションとしては良かったと思います。 個人的にグッッときたのが、「ほるそバーガー」でした。ホルモンそばを カレー風味にして挟んだ物で、すごく味わいが深くて、お!!! っと 思ってしまいました。グッドです! また食べたい! 今回のイベントの目的に鳥取自体のアピールというのがありまして その為か着ぐるみ達も大活躍でした。特筆すべきは「トリピー」。 梨鳥をモチーフにしたキャラクターですが、妖怪ブースにはなんと そのトリピーのミイラが展示されていたのです!!!! 左が瑞々しいトリピー。右が江戸時代に庄屋さんの 納屋から発見されたというトリピーのミイラ。 現役バリバリのトリピーとミイラのトリピーのコラボレーション。 ひときわ異彩を放つ妖怪総大将のぬらりひょんさん。 ※どなたか分かりませんが、ブログに鳥取バーガーフエスタの事を書かれておりまして よく見ると自分の写真がw。なんか新鮮w。 あとは見かけた着ぐるみ達を掲載して終了としまーす。 短い間でしたけど楽しかったです! ※この次の日まで開催されていた「chips」というアートイベントに行きました。 切り絵アーティスト「田中良平さん」ソフビの展示販売をしていた「サンガッツ」さん お疲れさまでした。強引にでも行ってみてよかったです! 頭の真ん中が緑になってる子をつれて帰りました。 悩美(なやみ)ちゃん、脳脳しててかわいいですよ! Tweet

妖怪食堂今更ブログ

Tweet 2011年9月12(月)〜18(日)の期間、江戸川橋で開催されました妖怪食堂。 平日はランチタイムを中心にたくさんの方々がお越し頂いて、 盛況のうちに終了となりました。 時間を作って寄ってくれたみなさん、ほんとうにありがとうございました。 見てもらってなんぼです。さらには何かしら購入して頂いた方に関しては、 より格別のお礼を申し上げます! 助かります! 次につながります! 長々と書いてますので、ざっと見て頂ければいいです〜。 カフェ展示ならぬ、食堂展示(本来はお寿司屋さん)。 行くまではなかなか構造など想像しにくかったのですが、戦災を免れ生き残った 建物というだけあって、なんともいえない雰囲気を持った場所でした。 そんな場所での妖怪グッズおよび、作品の展示。マッチングはすごく良かったと思いました。 それと食事する場所と展示が基本別れている事もすごく良くて、物を見ようとする方は スムーズに見れたのではないでしょうか。カフェ展示なんかだと、かなり見にくい事も 多々ありますから。 今回、新造形の物としては「ドクロ天狗マグネット」がありました。 上部にあるものです。今までにないような強面の造形になってます。 天狗の皮を剥いだ様な感じ。そこそこ迫力があっておもしろいと思いますがどうでしょう。 これはもう少しいじってみたいと思っています。 その他、ポストカードなど、細々出品してました。 過去作った物もちょろちょろ。正直な所、以前に作った物に関しては ざっと清算しなければならない物もかなりあります。 既に興味の薄れている物もありますし、作り直したい物もあります。 色々作っていると、自分の中にも変化が生まれます。 もっとこうしたい、ああしたいと思います。 物を作っていてよかったと思える部分です。やらないと生まれない感情。 ◆nattu;n(フェルト作家) ◆東雲騎人(妖怪絵師) ◆もーりー(妖怪グラフィックアーティスト) ◆式水下流(妖怪造形師) ◆百犬庵 戌一(妖怪絵師) ◆田中良平(切り絵師) ◆しげおか秀満(漫画家) ◆サンガッツ(フィギュア) ご一緒させて頂いた作家さん達。 自分は最近造形を始めたので、みなさん先輩。お世話になりました。 勉強させて頂いてます! しかし、まともに写真が撮れてなくて、一部 酢飯屋さんのアルバムから拝借しました、すみません! といいますか、酢飯屋さんのサイトのアルバムにたくさんアップされているので、 そちらをご参照ください。より、臨場感が伝わります。 「酢飯屋さんのアルバム」※妖怪食堂をクリック 土曜、日曜は夜の営業もありました。 夜はまた違った表情のお店。雰囲気があってかっこいいです。 予約して頂いたお客さんを対象にしたディナータイム。 カナリヤというお二人組のお姉様が素敵な演奏を聴かせてくれました。 ◆canariya(演奏家) 私個人的に大好きなレピッシュの元キーボーディスト 故:上田現ちゃんにプロデュースしてもらったりしていたお二人。 まさかこのタイミング、この場所で現ちゃんの曲を聴けるとは思いもよりませんでした。 「-6m」は名曲 ◆岡田大介(寿司の伝道師) ふざけた写真ですみません。今回なんといっても、場所を提供して頂いた 岡田さんに感謝しないといけません。こんなに御陽気ですけど、 食に関する知識とか、料理の腕とか、なんといっても底知れないバイタリティを 感じます。そんな寿司の伝道師は、「べく盃」というおちょこの話しを してくれました。「べく盃」とは、底がとがっていたり、底に穴があいていたりして 下に置けない盃の事。専用のサイコロを振って、指し示された人が出た目の盃で酒を飲む、 という遊びに使われるものです。 そしてなんと言ってもお疲れさまだったのは、 主宰の高梵さん。 おそらく色んな物の好みが近い人です。誕生日も一緒だし。 ほんとお疲れさまでした。彼とはまた別のイベントにも出る事になっています。 さああああああ、どうなるかああああ!!! ディナーにも出たマグロの目玉のおやじランチ。 マグロのでっかい目玉がドン! うまかったです! その他、もろもろ妖怪をイメージされる食材達。 耳イカ、スネコスリダケなどw 今回色とのコラボレーションということで、どれだけの事ができたか わかりませんが、次回があればもっとテーマに沿った形の展示物を作成したいと思いました。 もっと、もっと妖怪濃度を上げた方がおもしろいに違いありません! ※決定ではありませんが、次回の可能性はあるみたいです。 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 「お願い」 音の怪絵の怪サイトにて、妖怪食堂のアンケートを実施しております。 お越し頂いた方、御手数ですがご協力お願いできればと思います。 『妖怪食堂アンケート』 今後のイベントの参考になりますのでぜひ! Tweet

妖怪食堂、来週スタートします!

Tweet みなさんこんにちは。あまりに忙しいのをいいことに更新が滞っております。 色々書きたい事もあったんですけど、貧乏暇なし。頂いた仕事がある限りやるしかないのです。 そんなギリギリの状態で準備している天狗グッズがお披露目される「妖怪食堂」が開催されます。 正直、ふたを開けるまで自分でもどんな全体像になるのか見えておりませんが、 妖怪を愛する作家、アーティストが集まってのイベントです。面白いに決まっています。 10名以上の作家の、しかも妖怪グッズが一度に見られる機会って、そんなにありません。 ないとはいいませんw 参加者ですが、購入者になることは目に見えております。お恥ずかしい。 私今回の為に作ったものもあったりしますが、まだ、完全には完成しておりません! 誠意製作中です。無理かと思っていたポストカードも4種程発注しました。 事故でも起きない限り、ぎりぎり間に合いそうです。 その中の1枚をご紹介。 天狗様がステーキを召し上がっております。 今回「妖怪食堂」ということですので、食にちなんだものも作ってみたのです。 ぜひともご覧頂けるとうれしいです。 ※デザイン違いますが、このイラストベースのポストカードを テイクフリーという形で配布予定です。おこしになられたら持って帰って下さいね。 そして売り物ではありませんが、改造して作った天狗様も展示しようと思っています。 レゴ天狗様です。 塗装って難しい! 下手ですがかわいいですので、見てって下さい。 そんなこんなで、もう日にちもありませんが、 ランチならびに、ディナーを召し上がりに来て下さい! グッズもたくさん! 関連イベントも色々ありますよ〜。 詳細は下記をご覧ください。よろしくお願いします! ※以下転載 『音ノ怪 絵ノ怪』    presents 『妖怪食堂』 2011.9.12(月)~9.18(日) http://otonoke-enoke.jimdo.com/ 2011.9.12(月)~9.18(日) 【酢飯屋 江戸川橋】 9/12~9/18  ランチ(11:30~13:30) ●妖怪ランチ ●妖怪アーティスト作品展示販売 9.17(土)&9.18(日) ●妖怪DJ高☆梵による妖ストリーミング(17日&18日終日) ●妖怪散歩ツアー(17日のみ) ※妖怪散歩ツアーの集合場所ばJR飯田橋駅13:00決定です。 ディナー(18:00~21:00)予定 ●妖怪ディナー ●canariyaLIVE(17日&18日) ●田中良平妖怪切絵LIVE(18日のみ) 17日&18日に関しては夜のディナーは人数の都合のより予約制となります。 17日メニュー ・妖怪散歩ツアー+妖怪ディナー(1ドリンク付)+canariyaLIVE / 定員20名 18日メニュー ・妖怪切絵LIVE妖怪ディナー(1ドリンク付)+canariyaLIVE / 定員20名 1日参加券(17日もしくは18日) 3000円 両日参加券(17日と18日両日) 5600円 ※主催者都合により予定は変更される場合があります。 参加アーティスト(順不同) ◆岡田大介(寿司の伝道師) ◆canariya(演奏家) NEW! ◆サンガッツ(フィギュア) ◆式水下流(妖怪造形師) ◆しげおか秀満(漫画家) ◆東雲騎人(妖怪絵師) NEW! ◆田中良平(切り絵師) ◆nattu;n(フェルト作家) ※展示のみ ◆畠瀬 廉:てんぐアート(天狗伝道師) ◆百犬庵 戌一(妖怪絵師) ◆もーりー(妖怪グラフィックアーティスト) NEW! ◆ぬらりひょん打田(妖怪伝道師)NEW! ◆妖怪DJ高☆梵(妖怪DJ) フェイスブックもあったんですね! Tweet

天狗を描いて下さいと言ったらできたこんなうちわ と、妖怪イベント

日曜日。この日はいくつか行く所があり、都心に向けて出発しました。

妖怪ドラフト会議

金曜日の夜、高円寺にある「まんま みじんこ洞」さんというお食事どころに集う妖怪好き達。 私も知識はないけどただ妖怪が好きなので混ざってみる。その日は「てくてくTV」というケーブルテレビの 収録が行われたのでした。

浅草で切り絵とか天狗とか

6/11 震災から3ヶ月の節目の日に私浅草によって来ました。 というのも田中良平さんという作家さんが切り絵の展示&販売などをするというのです。