2/26(日)〜3/3(土)までの間で江戸川橋にある創作寿司屋「酢飯屋」さんにて
開催されました、「妖怪食堂」。無事終了しました。

最終日、特に夜の居酒屋タイムには大勢のお客さんがお越し下さって、
終わりまでにぎやかな感じで終われました。

自分は妖怪の知識は非常に薄いので、色々と恥ずかしいのですが
それでも妖怪好きの方の話しを聞いたりすると、とてもおもしろく感じます。

人によって楽しみ方は違いますが、妖怪というキーワードで「食」「絵」「立体」
などなど、色々な物が集まった空間は少し奇妙で、でも楽しくて
良い意味で「変な展示!」と思いました。それをおもしろがってくれた方は
きっと来てよかった、と思ってもらえたのではないでしょうか。

自分としては、妖怪の中でも「天狗」のみを押すという
ある意味荒行に挑んでおりますので、共感されるという思い上がった
考えははなからないのですが、それでも気に入ってもらえて、購入まで
して頂ける方が少なからずおられて、そんな方と接触出来るだけで
ほんとによかったと思っています。ファンを公言して頂いた方までいるのです。
もう大変です。数少ない天狗ファンの為にも、今後も色々作らねばと
使命感に燃えております。

色々とこんなのが欲しい、といったご意見頂いてまして、出来るだけなんとかしようと
日々考えております。しかしながら、かなり放置されたものもあって、
気をもまれたりもしている方もおられるでしょう。あたたかい目でみてやってください。
考えてますから!!

さて、ちょっと多いかもしれませんが、ざっくりと写真を掲載します。

おすわり天狗 レジンキャスト製
頭部にマグネットがしこまれており、頭を色々な方向に向かせられる!


天狗マグネットタワー
天狗マグネットを釘バット的にディスプレイ。
今回はかなりポップ寄りのカラーリングにしてみました。
好みが色々で反応が楽しかったです。


天狗キャンドル
各色ご用意しました。寿司桶に入れてみたんですけど
どうだったんだろう。この形状のキャンドルは
在庫限りでしばらく作らないかも知れません。
やはり火をつけにくいとのご意見が多いですね。


天狗LEDライト ハイパー&ゆらぎ
ボディーはロウソク、その中にLEDライトを挿入しているライト。
ハイパーはかなりまぶしい。ゆらぎは本物のキャンドルのように
ちらちらとした光り方をします。日々使う場合はこれぐらい
やさしい風合いの方がいいのかなあと思っています。
これらは色々使えるようにして欲しい、等のご意見を頂いてるので
改良、改造が課題です。

てんぐアートが出品していた物はだいたいこんな感じでした。
今回は紙物が冊子だけで、本当はポストカードを用意したかったです。
しかし時間が…。もっとスケジュールに余裕を持たないと、
後悔してしまいますね。 といった感じで前半終了。

後半に続きます。