天狗考察

天狗ハム!

ご無沙汰になってます。生きています。 本日は出先で見かけた車をご紹介。

調査! まじかエルメス!

Tweet先日耳にした件があり、行って来ました銀座のエルメス。 その正面玄関にどかーんと展示されてました…。 て、天狗!!! てんぐうううう!!!! しかもベレー帽。 これ、天狗風なだけで天狗じゃないかもと思ったんですが、 平行して展示されてるのが「おかめ」なんです。 もう完全に和、天狗で間違いないでしょう。 そして、調査と銘打ったにもかかわらず、ディスプレイの詳細についての ブログ記事を発見しただけで、当然のごとくお店に入ることもありませんでした。 って入れないよ〜エルメスは無理よ〜。無理よ〜。 記事によると、天狗の印象は 「道行く人、誰もが思わず振りかえって見てしまうものこそ、人々の記憶のどこかに眠っている共通のイメージです。」 だそうです。なるほど、わからなくもない。 道行く人がついつい見てしまう強烈な展示、というのもわかりますな。 ただ、ハイブランドっていうんですか? オサレな企業が 「どう? 天狗をこんなゆるい感じでモチーフにして、オサレでござーしょ?」 という感じもしますよ。いいけどね! なんにせよ、天狗、もしかして来てる? 来る? コイコイ。 店の中に何か天狗的な展示があるかどうかわかりませんが、 お店の外壁にずらりと天狗展示がありましたので、それらを載せて 閉めたいと思います。 外壁をチェック! HERMES エルメス銀座店 東京都中央区銀座5-4-1 Tweet

第80回 下北沢天狗まつり

Tweet1/28(土)下北沢で行われた天狗まつりのメインコンテンツ、 天下一天狗道中! 見に行って来ました。 スタート地点である「曹洞宗大雄山真龍寺」には大勢の方が集まっており 開会式が厳かに行われました。 ここから皆さん出立されるのです。 山伏、福男、福女、カラス天狗、大天狗。みなさん元気よく商店街に向かわれました。 巨大天狗面の山車。迫力あります。 かっこいい!! もう大天狗様を見に来たようなものです! 最高! いかす! カラス天狗様もしぶい。この衣装、欲しい! 大勢の方が来られておりました。 この道中(パレード)は豆まきをすることが目的にありまして 定期的に止まっては豆をまく、ということを繰り返します。 道路は踏み砕かれた豆の粉でいっぱいになっておりました。 天狗様のバックショット。勇壮ですな〜。 いきなりですが、天狗マグネット等を置かせてもらってるお店 「グローリーデイズ」さんの店先。天狗まつりを意識した天狗面のディスプレイに なっておりました。(この天狗面はわたしの私物) 店の色んな所にマグネットがありますよ! 今回、名古屋から友人が来ており、一緒に祭りを見て回りました。 そしてなんだかんだで一緒に来ていたスイス人(言葉が全く通じない)とも 仲良くさせてもらいました。 お店の前で一枚。短い時間でしたが楽しかったです。 来年も来よう。 Tweet

天狗スポット紹介 久々

Tweet展示、イベントばかりのブログになっております。 それだけでは良くないなあとここ1ヶ月程思っておりましたが、いかんせん新ネタみたいな物は なかなかないんです。でも先日ちょっと小耳に挟んだでかい天狗が居る情報を簡単に掲載しようと 思います。 「こびの天狗山」 岐阜にはなんと日本最大級というかおそらく最大の天狗様がおられます。 そのサイズ、およそ12メートル! でかーい! なんでも岐阜は妖怪界でもあまりマークされてないようで、 色んなモノが日の目を見ない状態にあるとかないとか。 とても気になりますし、ここも死ぬまでに行く場所リストに入りました。 絶対怒られますが、乗ってみたい…。 「戸倉宿キティパーク」 長野県千曲にある公園で、どうだと言わんばかりに立ちふさがっているのが この天狗様。そのサイズ約8メートル! これまたでかい! 絵本から飛び出して来たかの様なわんぱくな造形が好感を持てます。 こちらもぜひ行ってみたい。天狗様の前で、バドミントンをしたい! と2カ所と少なかったですが、紹介してみました。 ネット検索していただけると、行かれた方のレポートが色々ひっかかりますので 詳細はそれらを見て頂いた方がいいかと思います。 いつの日か、実際に行ったレポートを書きたいと思います! Tweet

日本映画における天狗

Tweetみなさんこんにちは。緩やかな更新をしております。 最近天狗らしい記事を投稿できていませんでした。ネタがうまく 見つからなかったのです。 でも見つけました。いつものようにネットをウロウロしてて これは面白い! と思っていくつか拾ったのが「昔の日本映画」 の記述です。日本映画のデータベースを「天狗」のくくりで検索したのです。 すると予想通り「鞍馬天狗」がたくさんひっかかりました。しかし それ以外にもちょこちょこあるんです。なんたら天狗ってのが。 それだけでもおもしろかったんですけど、データなだけに タイトルが英語で並記されてるものがいくつかあったのです。 これが結構おもしろかったので、ここに7つ程紹介します。 恋天狗 Goblin Warrior (てんぐ戦士) お坊主天狗 Tengu Priest (天狗聖職者) 剣豪天狗まつり Swordsmen’s Festival (剣術師の祭り) 小天狗霧太郎 Little Goblin Kiritaro (小天狗霧太郎) 長七郎旅日記 はやぶさ天狗 Peregrine Goblin (はやぶさ天狗) 天狗街道 Goblin’s Highway (天狗高速道路) ふり袖小天狗 Devil in A Kimono (着物を着た天狗) それぞれ見て頂いてくすっときてもらえるとうれしいです。 天狗は「ゴブリン」「デビル」「ロングノーズゴブリン」等と英訳される傾向にあります。 そこを踏まえてみても結構たのしい。直接「TENGU」とされる場合もありますが ゴブリンの方が海外な感じがして好きです。 日本映画において天狗という存在はなんだったんでしょうか。 ミステリアス、人知を超えた力を持った存在、疾走感、などのイメージなんでしょうか。 なんにせよ、天狗という言葉が繰り返し使われる事によって、あるイメージがどんどん 固定化していったのではないでしょうか。今ぱっと頭に思い描かれる天狗のイメージも 映画などを通じてより強固なものになったのかも知れませんね。 今後はより新しい天狗というものが登場してもよいはず。それを作っていきたいと思います。 Tweet

SEAMOという存在

みなさんこんにちは。デザインフェスタの名残を今だ引きずっております。 そろそろ日々の仕事が雪崩のごとくやってくる気がしておりますが、そうでもないかも。

天狗の日常

本日こちらから勝手にフォローさせていただいていた方と 少々やり取りさせていただいて、天狗の日常について考えました。

てんぐアート THE SHOP!

Tweetてんぐアートでこれから活動していくにおいて、 グッズ制作および販売は絶対にやりたいことだったりします。 しかしあれこれ考えてると、なかなか話しが進みません。 とりあえず、ショッピングカートを借りて、実際に動かすのが 一番意味があるだろうと、少しだけ作った缶バッチを生け贄にし ショッピングサイトを作りました。fc2の無料カート! てんぐアート・ザ・ショップ! とりあえずこれで十分。本サイトにバナーを仕込む方法を教わりつつ ひとまず公開してみました。 今後、ここに色々な物をアップできるように、日々やるんです! 色々とやるんです! デザインフェスタにもろ影響されてます。やらねば、作らねば熱があがっております。本家デザインフェスタにも参加しそうな勢いです。 天狗のお面とかね〜、いろいろね〜作りたいね〜。 Tweet

「人魚洞文庫」データベース

以前より、ネットなり、雑誌なりで見かけていたイラストがありました。 日本中の民芸品を描いた物で、そのままの角度だけでなく、いろいろな 角度で記されており、データとして優秀な写生画になっています。

人形町「ちどり屋」で天狗を捕獲

先日出勤中に人形町を通過。基本自転車移動のため、通ったことのない道を ぐるぐる回る。お、なんだかかわいらしいお店を発見。 「ちどり屋」手ぬぐい屋さんだ。

たまに見かける天狗店

根拠はなんだ! なんで天狗なんだ! と思いつつも なかなか納得のいく返事は返ってきません。

その場所は、別府らしい…

すごくいい天狗様の写真が載っているサイトを見つけた。 もう随分更新されてないようなので、現在の情報はわかりませんが まあいい顔の天狗様なんです。